Event is FINISHED

「変容する都市における公共空間」 (T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO×Liberalarts Lab)

Description

「変容する都市における公共空間」 (T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO×Liberalarts Lab)


Liberalarts Labでは、東京京橋で12/4-13開催されるT3 PHOTO FESTIVAL TOKYOと協働して、「変容性」をテーマに、全6回のシンポジウムを開催します!

私たちの日常的なコミュニケーションの中心にある「写真」、コロナによって世界が大きく変容する時代に、世界を観察し、そして作品を通じて問いかけるアーティストと、異なるジャンルのプロフェッショナルとの対話を通じて、幅広い視点からこれからの社会について考察する場として開催いたします。

12月13日(日)は、現在はアムステルダムを拠点にし、欧州を中心に、現在まで多くの都市・街づくり関連団体を訪れ、参加型調査やワークショップを重ねてきた経験から、参加型街づくりの仕組みづくりやその情報発信を行っている杉田真理子さん。都市と建築の視点で公共空間から個人住宅、家具など大小多様なスケールで空間設計を行っており、また2017年より、T3 Photo Festivalにおいて展示ディレクターを務める、平井政俊さん。そして、itaru/taku/COL代表の山本至さんをお招きして、現状のコロナ禍を踏まえた、今回の展示における設計から、これからの都市や公共空間の在り方を考察していくトークイベントを行います。

=================
<開催概要>

■開催日 2020/12/13(日) 19:00–20:30

■参加費
 1、一般(学生応援枠)1500円
 2、無料(SNSシェア枠)

1、学生応援枠とは、12月12日に行われる公開オンラインレビューによる学生プレゼンテーション「T3 STUDENT PROJECT」で、全国10校の美術大学・専門学校から選抜された学生の中からグランプリが決定します、その学生に対する制作費としてこちらのチケット参加費を、お送りいたします。

2、SNSシェア枠は、こちらのT3 PHOTO FESTIVAL TOKYOイベントを、ご自身のSNSでイベント参加前にシェア、もしくは参加後に感想を投稿していただく事が条件となります。
sns投稿時に下記の#をつけて投稿をしてください。

#t3photofestivaltokyo

以下の公式アカウントをご参照、ご利用ください。
Instagram公式アカウント
twitter公式アカウント

■会場 オンライン会議システムのZoomを利用します。
※参加用URLは、当日までに参加者へ通知がございます。

■プログラム
 ▶︎19:00 開場/主旨説明

 ▶︎19:05 レクチャー
 平井政俊(建築家/T3展示デザイナー) 

 ▶︎19:15 トークセッション
「変容する都市における公共空間」
 杉田 真理子(アーバンリサーチャー)
 山本 至(建築家)
 平井政俊(建築家/T3展示デザイナー)

 ▶︎20:20 質疑応答
 ▶︎20:30 終了

■<オンライン参加までの手順>
1、会議アプリケーションのZoomの事前のご登録
2、peatixよりお申し込みいただいた方に、事務局からご登録メールアドレス宛に、本イベントの招待メールが届きます。
※スムースな参加を行っていただくため、Zoomダウンロード、ご登録をイベントより前に行っていただくことを推奨いたします。
※ウェブブラウザによっては正しく動作しないことがあります。Google Chromeの使用が推奨されています。

※PCからはブラウザから、スマホの場合はアプリをダウンロードしてご準備ください。
PC
Android
iOS

全6回のシンポジウム:
●12月4日(金)「表現とジェンダーの関係性 − 私たちは生活の中で何を見ているのか」
登壇者:小林美香(写真研究者)、海老澤美幸(弁護士・ファッションエディター)、谷川 嘉浩(哲学者)

●12月5日(土)「制作、表現、編集 — 分断していく世界の中で」
登壇者:濱田祐史(写真家)、高橋幸治(国際ファッション専門職大学国際ファッション学部教授)、上妻世海さん(キュレーター)

●12月6日(日)「ベーシックインカムとアートの可能性 」
登壇者:井上 智洋(経済学者)、和佐野有紀 (アートコミュニケーター/医師)

●12月7日(月)「変わりゆく生態系」
登壇者:宮崎学(フォトグラファー)、指出一正(『ソトコト』編集長)、岩田康宏(フードコミュニケーター)

●12月12日(土)オンラインレビュー会

●12月13日(日)「変容する都市における公共空間」
登壇者:杉田 真理子(アーバンリサーチャー)、山本 至(建築家)、平井政俊(建築家/T3展示デザイナー)
=========
◆注意事項
・プログラムは、予告なく変更される場合があります。
・当日の通信環境によっては、音や映像の乱れが生じる可能性があります。ご了承のほどお願いいたします。
・キャンセルにつきましては、イベント当日 12:00までにお申し出(メール)があった場合はキャンセル手続きを承ります。それ以降のキャンセルにつきましてはお受け出来かねますので、何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。
・領収書の発行につきましては、peatixより領収書データをご利用ください。

T3 PHOTO FESTIVAL TOKYOとは?

T3 PHOTO FESTIVAL TOKYOは、2017年5月に上野公園を舞台に東京初の屋外型国際写真フェスティバルとして開催。第2回となる本年は舞台を京橋へと移し開催します。京橋は、東京、銀座、日本橋に隣接し、多数の企業が進出するビジネスエリアとして発展している街です。一方で、その歴史を紐解くと、歌舞伎発祥の地や歌川広重や狩野派の絵師が屋敷を構えるなど文化芸術にもゆかりのある地であり、現在も国立映画アーカイヴや、アーティゾン美術館などが存在し、オフィスエリアと文化が共存しています。

2020年に起こった世界的なパンデミックは、効率化や集積化の発明である都市の在り方を問うものでした。オフィス街はその影響を強く受けた場所の1つですが、そんな東京のオフィスエリアの中でも、文化と近い距離にある京橋を舞台に開催される作品展を通じて、変容の中から新たなヒントや可能性を考察します。


ご登壇者
■杉田 真理子(すぎた・まりこ)

アーバンリサーチャー。デンマークオーフス大学で都市社会学専攻、その後ブリュッセル自由大学大学院にて、Urban Studies修士号取得。ブリュッセル、ウィーン、コペンハーゲン、マドリードの4拠点を移動しながら、エリアブランディング、都市人口学、まちづくりの計画理論などを学ぶ。欧州を中心に、現在まで多くの都市・街づくり関連団体を訪れ、参加型調査やワークショップを重ねてきた経験から、参加型街づくりの仕組みづくりやその情報発信を得意とする。株式会社ロフトワークで空間デザイン・まちづくり系プロジェクトのプロデュースとマーケティングを務めたのち、2018年5月から北米へ拠点を移動し、フリーへ。都市に関する取材執筆、調査、翻訳、調査成果物やアーカイブシステムの構築など、編集を軸にした活動を行う。

■山本 至(やまもと・いたる)

"itaru/taku/COL.”代表取締役、日本建築学会 文化事業委員会、東京大学 博士後期課程在籍
イギリスでファインアートを学んだのち、 学部で哲学の研究室を経て、 東京大学大学院建築学科で修士号を取得。 修士課程では都市再生を専門に研究、 東北でのまちづくりを通して都市の構造による振る舞いの変化など の研究をおこなう。その後、首都大学東京特任助教を経て、 現在は東京大学大学院博士後期課程在籍。 特任助教時には東南アジアの環境建築及び都市開発について、 博士後期課程では都市論と人文科学を横断して研究。
2016年、”itaru/taku/COL.” を稲垣拓と協働で設立。 公共広場の設計を通したまちづくりや施設の経営論を含めた建築提案などをおこなっている。主な論文に「都市の終わりから思想の始まりへ」「 都市景観とシークエンス」など。

■平井政俊 ( ひらい・まさとし )

建築家。1980年京都市生まれ。筑波大学大学院芸術研究科建築デザイン専攻修了。アトリエ・ワン勤務を経て平井政俊建築設計事務所を設立。都市と建築の視点で公共空間から個人住宅、家具など大小多様なスケールで空間設計を行う。国内外の建築、展覧会の設計を中心に、まちづくり、復興計画、リサーチ、ワークショップ、インスタレーションも手掛け、T3 Photo Festivalにて展示ディレクターを務める。主な受賞に住宅建築賞2019、中層木造建築デザインアワード2018など。主な作品に「ヴィラ・ポタジェ」「猿楽十方楼」「釜石市尾崎白浜災害復興公営住宅」など。法政大学大学院デザイン工学研究科兼任教員。

===============

■LliberalArts Lab
https://www.liberalartslab.art



株式会社ゆめみのメンバーで構成される社内横断組織。テクノロジーにおける領域の勉強会やキャッチアップだけにとどまることなく、他領域においても幅広く、社内で知見を広げる機会を促す「栄養」となるべく、2019年4月にリベラルアーツラボを設立しました。


■株式会社ゆめみ


会社概要
設立年: 2000年1月
代表者名: 代表取締役 片岡俊行
所在地: 京都府京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地COCON烏丸 4階
事業内容:・モバイルサービスの企画、開発、運営、コンサルティング
・オムニチャネルを中心としたデジタルマーケティング支援
・スマホアプリ開発(iOS,Android)
・デジタルメディアコンテンツ運用、自社サービス運営
https://www.yumemi.co.jp/ja
・ゆめみ独自の制度の紹介
https://www.yumemi.co.jp/ja/company/welfare

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#844423 2020-12-01 03:06:54
More updates
Sun Dec 13, 2020
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
一般(学生応援枠) SOLD OUT ¥1,500
無料(SNSシェア枠) FULL
Organizer
「LiberalArts Lab」 produced by yumemi
896 Followers

[PR] Recommended information